Top > デジタルサイネージ > ICカード連携デジタルサイネージ実験



ICカード連携デジタルサイネージ実験のアンケートにご協力ください
ICカード連携デジタルサイネージ実験に関するアンケートページへ

本通商店街のウィルコムカウンター パルコ前店と、平和公園のレストハウスで行っている、デジタルサイネージのシステムに関するアンケートはこちらです。なお、システムに関する詳細は、このページの続きをご覧下さい。

広島市立大学大学院情報科学研究科インターネット工学研究室は、広島大学情報メディア教育研究センターと共同で、インターネット経由で送られてくるタイムリーな情報を表示する(デジタルサイネージ)と共にICカード電子クーポンとして使う「ICカード連携デジタルサイネージ」を実施しました。システム改善のために、アンケートへのご協力をお願いします。



ICカード連携デジタルサイネージ実験
- ICカードによる電子クーポンと連携可能なネットワーク型デジタルサイネージ -

関連リンク

実験概要

広島市立大学大学院情報科学研究科インターネット工学研究室は、広島大学情報メディア教育研究センターと共同で、インターネット経由で送られてくるタイムリーな情報を表示することが可能なネットワーク型デジタルサイネージに,ICカードによる電子クーポン(以下ICクーポン)の発行を連携させた「ICカード連携デジタルサイネージ実験」(以下、本実験)を実施している。

実証実験では,路面電車サイネージとあわせて,ネットワーク型デジタルサイネージの地域情報や広告の発信手段としての有効性や広帯域無線ネットワークの性能などを調査するとともに,ICクーポンとデジタルサイネージの連携による効果について検証することを目的としている。

なお、本実証実験は平成20~21年度総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)の研究開発課題「モビリティ技術を活用した国際都市ホスピタリティ向上に関する研究開発」の研究の一環として実施している。

実験期間および実験箇所は以下の通りである。

  • 実験期間
    • 平成21年11月2日(月)~平成22年1月下旬(予定)→一部店舗で2月末まで実験を延長しています
    • → 実験終了しました。ご協力ありがとうございました。

SystemSummary3.jpg

無線ブロードバンドXGPを利用したデジタルサイネージ

本実験では,ウィルコムカウンター(広島市中区本通)に設置するデジタルサイネージ端末のネットワーク接続には2.5GHz帯を用いる次世代高速通信サービスであるXGPを利用している。XGPを利用することにより,大容量なコンテンツを高速に端末に配布することが可能になる。XGPはサイネージ端末は常時インターネットに接続され,コンテンツサーバに登録されるコンテンツの受信やICカード情報の同期等に利用される。

xgp-config.png

なお,レストハウス(広島市中区中島町)および各ICクーポン協力店に設置する端末はHSDPAの無線ネットワークを利用している。

非接触ICカードを利用した電子クーポン

本実験のもう一つの特徴として,ネットワーク型デジタルサイネージと一体化した非接触型ICカードによる電子クーポン(以下ICクーポン)を提供している点である。 電子クーポンの利用の流れを以下に示す。

how_to_use-iccoupon.png

サイネージ画面には,クーポン特典情報が表示されており, 利用者はサイネージ端末に接続されたICカードリーダにICカードをタッチすることにより,対応するクーポンが発行される。本実験では,デジタルサイネージで表示する広告と連携した参加協力店に共通な電子クーポンを提供する。

利用できるカードは,交通系ICカードやおさいふケータイで利用される FeliCa対応チップを搭載するカードであればどれでも利用することが可能である。 この技術を利用することにより,エリアや時間を限定したりタイムリーな情報に連動した電子クーポンを発行することが可能になる。

システム説明

システム構成

本実験のために開発したシステムの構成図を下図に示す。本システムは,サイネージ(兼クーポン発行)端末と店舗側に設置されるクーポン発行確認端末,データを管理するコンテンツサーバ/ICカードDBサーバから構成される。

systemconfig.png

本システムは大きく分けて2つのプログラムにより動作している。 ひとつはサイネージ表示プログラムである。サイネージ表示プログラムは,コンテンツサーバに登録した広告(コンテンツ)と表示順序(プレイリスト)を定期的に各サイネージ端末に配信する役割を担う。コンテンツサーバへはネットワーク経由でのコンテンツ投入や外部サイトを参照したコンテンツを作成することが可能で,静止画/動画も扱うことができる。

端末はプレーヤIDを指定することで,端末ごとに異なるコンテンツを表示させることも可能になっている。実際に本実験では,ウィルコムカウンターとレストハウスでは異なるコンテンツを表示させている。

もうひとつはICクーポン発行プログラムである。クーポン発行プログラムは,ICカードリーダにかざされたカード製造情報(IDm)を読取り,ネットワーク経由でマスタデータベースに書きこむ。データベースサーバからは一定間隔で各端末に情報が配信されることで,カード情報の同期が行われる。クーポン確認端末は,配信されるカード情報を基に,クーポン発行の有無を確認する。クーポン発行状況は一定期間(本実験では2日間)経過した後,マスタデータベースから削除され,無効化される。 なお,本システムではクーポン発行のためにICカードの製造番号を利用するため,個人情報と紐づけすることもなく,事前の利用者登録なども必要としない。

以上2つのプログラムでシステムは構成されるが,サーバと各端末間はSSL(Secure Socket Layer)にて暗号化された通信が行われるとともに,仮に一時的にネットワークが切断されても安定して動作するようにシステムを設計・実装している。

表示画面

次に表示画面構成について説明する。本実験では,各設置拠点で端末の仕様が異なるため,各々で異なる表示画面構成をとっている。

ウィルコムカウンター(縦型サイネージモニタ)

本設置端末は,768x1366 の解像度をもつ縦型モニタを有している。そのため,画面構成としては以下の通りとした。

willcom-signage.png

レストハウス(キオスク端末)

本設置端末は,1280x1024(SXGA) の解像度をもつモニタを有している。そのため,画面構成としては以下の通りとした。

resthouse-signage.png

クーポン協力店舗(小型PC)

本設置端末は,800x600の解像度をもつ小型PCを利用している。また,本端末ではクーポン発行の有無のみの確認を行えればよいため,画面構成としては以下の通りとした。

iccheck.png

設置の様子

サイネージ端末(2ヶ所)

パルコ前の本通に面したウィルコムカウンターに大型のデジタルサイネージ端末を置かせて頂いた。 インターネットとの通信回線はXGP(次世代PHS)を使用している。


ウィルコムカウンターのもの。かなり大型で、昼間でも明るく目立っている。

R0013155.JPG


XGPカードは、PCMCIAで、USB経由で端末の上部に設置している。 本通商店街のアーケード下なので雨は問題ない。 安定運用を意識して、筐体の外に取り付けた(実は、両面テープで接着)。

IMG_4177.JPG


平和公園に置いたものは、KIOSK型の端末となる。

R0013197.JPG

ショップ側端末

協力して頂いたショップ(レストラン)に設置した端末に、上のデジタルサイネージ端末のICカードリーダにPASPYなどのFeliCaカードをかざした後に、この端末にかざすと、登録されているというOKと表示されチャイムがなる。 これを店の人が確認して、割引等の特典を提供して頂く、という仕組みになっている。

R0013181.JPG


登録していないカード(この場合は、おサイフケータイ)であれば、NGと表示されチャイムがなる。

R0013182.JPG


協力して頂いた、ウィルコムカウンターの少し南側の並木通り沿いにある、 ポルタポルテというイタリアンレストランの店舗の様子。 ICカードをかざしてもっていくと、ワンドリンクサービスになる、という特典を提供して頂いている。

R0013184.JPG

(おまけ)ウィルコムカウンターでの設置作業

設置前はこのような感じになっていた。

R0013042.JPG


設置はかなりの人数で。中に冷却用のエアコンなども入っており、かなり重い。

R0013152.JPG


電源を入れた後に、初期設定&動作確認を行う。

IMG_4171.JPG

コンテンツ例

以下にコンテンツ例をについて説明する。コンテンツには,各店舗の広告兼クーポン内容を表示させるコンテンツの他,デジタルサイネージに関する説明・雑学やイベント情報を表示させた。コンテンツはプレイリストによって管理しており,イベント情報等は期間限定で表示させるなどを行った。なお,各コンテンツの表示時間は15秒とした。

デジタルサイネージの説明


「デジタルサイネージとは何か?」について簡単に説明したコンテンツである。

whatissignage.jpg


ICカードクーポンの利用促進を目的とした掲載したコンテンツである。様々なICカードで利用可能であることを記載し,利用促進を図った。

signage_announce.jpg

イベント情報


イベント情報は「TJ HIROSHIMA」様よりコンテンツをご提供頂き表示させている。なお,期間限定コンテンツはプレイリストで表示期間を設定することでスケジューリングを行っている。

hondori_dorimi_2.jpg

ds-hondori1-2.jpg

店舗の広告


以下は各店舗の広告である。広告は各店舗からコンテンツをご提供頂き掲載した。

portaporte.jpg

media-cafe.jpg

caffe-ponte.jpg


以上


  最終更新のRSS